高齢化社会の問題点

高齢化社会の問題点

高齢化社会の問題点

日本は少子高齢化社会になっているので、若い世代が少なくなっていておじいちゃんやおばあちゃんが圧倒的に増えてきています。
高齢化社会は65歳以上の老人の人口が増えることを言いますが、社会福祉が先進国の中でも充実している日本では、高齢者が増えれば増えるほど高齢化対策に追われて莫大な税金が投入されます。
現在日本では年金・医療・福祉などの費用が増え、財政を圧迫していて問題になっています。
次世代を担う子供の数が減ってくると、30代から40代の世代が多くの負担を強いられることになります。
税金の無駄遣いを減らすために様々な取り組みをしていますが、思ったような成果はあがっていません。
今後高齢化対策をどのように進めていくかが大きな課題となっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ